✾おすすめ✾


ドキュメンタリー映画 「普通に死ぬ ~いのちの自立~」

「普通に生きる ~自立をめざして~ 」の続編です

2006年に撮影が始まり、2011年東日本大震災後の6月に完成した前作「普通に生きる~自立をめざして~」。イオンシネマ富士宮での先行封切ののち、2012年全国で上映を開始。その後、全国各地300か所以上で自主上映会が行われ、50,000人近い動員を果たしています。この前作は、重症心身障害児・者の家族で立ち上げた社会福祉法人インクル富士が、富士市と富士宮市に通所施設「でら~と」「らぽ~と」を開所させる5年間を追ったドキュメンタリー作品でした。

今度は、その続編です。そののちのグループホームの開所や、設立10年を迎えて次第に変わりゆく運営方針、3つ目の事業所建設という流れの中で、年齢を重ねていく本人とその家族を8年にわたり撮影しています。

【上映】イオンシネマ富士宮

【期日】2020年11月13日(金)~ 終了未定   

時間等、上映予定については直接イオンシネマ富士宮へ。

【制作】マザーバード

YouTube ダイジェスト動画

ダウンロード
「普通に死ぬ」プレスP1-P8.pdf
PDFファイル 2.1 MB

おすすめのオンライン講演会

コロナ禍のいま、講演会・研修会の開催や参加というのも難しくなってしまいました。

でも逆に、遠方まで出かけていかなくても、オンラインで保護者として知っておきたいいろいろなことを学べるのです。

おすすめのオンラインセミナーをご案内します!

 


東京都手をつなぐ育成会大研修会

コロナのなか、対人支援が必要な人への「こころ」と「からだ」の距離の上手なとり方

新型コロナウイルスの影響により、今までに経験のない、新たな対応が求められる場面が増えています。

知的障がいがある人はこれまでと違うことが大の苦手。先が見えないことも大きな不安です。

安心してもらうにはどう接したらいいのでしょうか?どのようにかかわることで不安感は減るのでしょうか?

心理学のスペシャリストにお話をうかがいます。

 

【主催】社会福祉法人 東京都手をつなぐ育成会

【講師】藤井 靖 氏(明星大学 心理学部心理学科 准教授)

【参加費】無料

【視聴方法】10月15日 9時~10月30日 17時 オンライン配信約1時間 

      東京都手をつなぐ親の会のホームページより視聴可能になります。

ダウンロード
コロナのなか、対人支援が必要な人への「こころ」と「からだ」の距離の上手なとり方
東京大研修会チラシ.pdf
PDFファイル 294.1 KB


障がいのある方の家族向けセミナー

知りたい!聞きたい!障害者の「きょうだい」

今回は、法律事務所シブリング代表弁護士 藤木和子さん(聴覚障害の弟)、福岡きょうだいの会副会長 太田信介さん(自閉症の弟)、ファーストペンギン代表 山下のぞみさん(知的障がいの姉)、一般社団法人ケアラーアクションネットワーク協会代表理事 持田恭子さん(ダウン症のお兄さん) による座談会形式です。        

 

【主催】ぜんち共済株式会社

【日時】2020年11月14日(土) 10:00~11:45

【会場】オンライン Zoom

     Zoomのウェビナー機能を用いて実施します。事前にZoomをインストールしてください。

     (登録後に送られるメールにてダウンロードURLを送付されます)

【対象】障がいのある方の家族・障がいのある方の支援者

【参加費】無料

【申込方法】ぜんち共済(株)のホームページより

【申込期間】11月13日(金)まで


STEP保護者・支援者向け集中研修 オンライン

変わっていく思春期の「からだ」と「こころ」を大好きになる2020

障がいのある子どもと・若者の 性と生の理解と支援

発達に障がいのある子どもが思春期を迎え、こころが不安定になる中、変わっていく自分の身体や心を好きになることが大切です。支援者や保護者が、その変化を理解することが重要になります。3回の研修で、「性と生」をどのように理解し支援していくかを学びます。

①11月22日(日)

社会福祉現場の性の支援の取り組みと課題

・本人たちに合わせた支援の方法

・事業所からの実践報告

【講師】日本福祉大学教授 木全和巳氏

【実践報告】障害児者福祉事業所職員からの報告

②12月6日(日)

障害のある子ども・若者のセクシュアリティ教育

・性教育の現状と課題

・教育現場からの実践報告

【講師】日本福祉大学准教授 伊藤修毅氏

【実践報告】特別支援教育の現場から

③12月20日(日)

思春期の心と身体の変化

・医療現場から見る「性」の現状と課題

【講師】産婦人科医 伊藤加奈子氏


いずれも10:00~12:00 オンライン配信システム Zoomによるライブ配信です。

【主催】特定非営利活動法人 子ども&まちネット STEPプロジェクト委員会

【参加対象】障害児者福祉事業所職員、特別支援教育に関わる教員等、保護者、福祉や保育を学んでいる学生等

【定員】各回70名

【受講料】①2,000円 ②2,000円 ③2,000円 ①~③通し5,000円 別途テキスト「Study Book」1冊1,000円

【申込方法】Peatixイベントページよりお申し込みください。

【問い合わせ・詳細】特定非営利活動法人 子ども&まちネットホームページよりご確認ください。子ども&まちネットは名古屋市にあるNPO法人です。

 

ダウンロード
チラシ 障がいのある子ども・若者の性と生の理解と支援
オンラインセミナー子ども&まちネット.pdf
PDFファイル 607.2 KB


公益社団法人 発達協会

発達協会ウェブセミナー

発達障がいや知的障がいのある子・人への医療・療育と、研修・出版を行っている公益社団法人 発達協会。月刊 発達教育でもおなじみですね。皆さんもお子さんと向き合う中で、発達協会の本を手に取ったことがあるのではないでしょうか?

遠くて行けなかった実践セミナーも、その一部がこの秋から「発達協会ウェビナー」として有料配信(1コマ1,650円税込)されます。

また、WEBセミナー配信サービス「Road」では、様々な領域の知識が得られる動画が配信されています。こちらは見放題コースで月額770円税込で利用できます。法人利用コースもあります。

お子さんに接する際のヒント満載です。